プロフィール

変わり兜×刀装具

Author:変わり兜×刀装具
平成25年11月2日(土)~12月8日(日)まで、
大阪歴史博物館で開催される特別展のご案内ブログです♪
事前に読んでおくとより一層展示が楽しめる情報をご提供します!

会期が短いので、ぜひお早めにお越し下さいね。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印刷物準備中

先行配布用チラシができたと思ったら、
休む間もなくポスターと本チラシを作成。それも完成しました。

先行チラシのマリン風ボーダーも素敵でしたが、
今回はポスターなので、さらにわくわく感を高めてくれるデザインになっています。

今回のデザインはすべて京都の印刷業者さんに作ってもらっていますが、
ひとことイメージをお伝えしたら、その通りのものを仕上げてくださるデザイナーさん。
プロの仕事だなあと感心します。
今回の展覧会を支えてくれる重要なスタッフの1人だと思っています。


チラシも、前回のクオリティが高かったので、差別化を図るのが難しいかなと思っていましたが、
先行チラシのテイストを残しつつ、前回盛り込めなかった画像や情報を加え、
より充実したものになるよう、工夫されいます。

チラシについては当館ホームページの特別展コーナーからダウンロードできます!!
このブログで扱っていない作品もたくさん掲載されていますので、どうぞごらんください。



秋の声が聞こえると準備も佳境に入るので、
これからは更新もままならないかも知れません。


チラシにはイベントの日程も載っています。
会期が短いので、今から予定を入れておいてくださいね!




スポンサーサイト

明珍家資料

今回の展示では、姫路の酒井家に仕えた甲冑師であり鐔工でもあった
明珍家の制作資料も展示します。
これらは、姫路の博物館や明珍家の個展で展示されたことはありますが、
図録に掲載されるのは今回が初めてだとか。
07_003.jpg

これはそのほんの一部です。


鐔下絵、彫金下絵(手本帳含め)というものは
意外と世に残されていますが、
その伝来が確認できるものは案外少なく、
実際に用いた針穴が確認出来るような型紙となると、ほとんどありません。

その点、今回の明珍家資料には、
実際に用いた型紙が多数含まれていて、
江戸時代後期の鐔作りの様子が生きた記録として伝わってきますし、
デザインブックとしての図案帳も残されています。
小さな円の中に無限の世界を展開していて、
まさに日本の造形力を感じさせられるものです。


甲冑の資料では、「忠知公御筆」とある雲龍の下絵が気になっています。
忠知公とは、酒井忠恭公のことですが、
殿様が本当に描いたのか? と普通なら思うところ。
でも、この殿様の孫が誰だか分かれば、その疑問は消えるのではないでしょうか。

そう、琳派の画家・酒井抱一なのですね。
私も一昨年、姫路の美術館に抱一の回顧展を見に行きましたが、
酒井家の殿様は自分で刀を鍛えたりもしてるんですよね。
資料を見ると、焼刃土も自分で置いたりしていたようです。本格的!
そんな文化的な酒井家のお殿様なら、雲龍の下絵も描けたに違いないでしょう。


さて!
明珍家は今も姫路で鍛鉄をなりわいとされています。
そんな当代が創案された鉄の楽器「明潤琴」

明潤琴01


今回、展示ではごらんいただくことしかできないのですが、
一夜限定で、その音色を聞く機会を設定いたします!
展示会場内で、一回限りのコンサートです。
ご興味のある方はぜひお越しください。



今書きながら気づきましたが、
「ねいろ」って、音に色と書くのですね。
音の色・・・・
一体鉄がどんな音としてその色を伝えてくれるのか、私も楽しみです。



竹中直人さんの秀吉再登板

この間も書きました、来年の大河ドラマ「軍師官兵衛」の配役が発表されました。

(当館はNHK大阪放送局の隣ですが、もちろんそんな内部情報は入ってきません(笑)ので、報道による情報です)

報道によると、以前大河ドラマ「秀吉」を演じられた竹中直人さんがもう一度秀吉役をやるとか。
18年ぶり、と報じられていました。

あれから18年経つんですねえ。

当時大阪城内にあった当博物館で、
この時の大河ドラマにちなんだ特別展「黄金と侘び 秀吉」展が開催されました。

当時駆け出しの学芸員だった私も、ほんの少しだけ、お手伝いをさせていただきました。
心構えが足りずおしかりを受けたことも今思えばいい思い出、、、であり、
有難い叱咤だったと思います。

確か聞いた話では、この「秀吉展」が、大河ドラマ関連の特別展として最初期のものだったとか。
どんなことでも継続することで歴史となっていきますね。

今度の大河は官兵衛が主役ですから、官兵衛ゆかりの地を巡回する特別展が予定されていることでしょう。
楽しみですね。


でも!その前に


秀吉の兜も、官兵衛の兜も、そして名だたる戦国武将の兜や刀剣外装が展示されます

変わり兜×刀装具」展

で事前学習をよろしく!!



東北への思い

大阪を拠点としていると、本州で一番借用に出向きにくいのが東北方面です。

今回も、東北へ行く、ということにはかなりの負担(経費面での)がありましたが、
この展覧会に欠かせない作品群があるということで、ワガママを通させてもらいました。
(おかげで他の費用が圧縮されましたが)

ただ、その甲斐あって、
関西ではなかなか見る機会のない作品をお借りすることができそうです。
伊達家伝来の名品(政宗が秀吉から拝領した兜や、弦月前立の具足)は言うまでもありませんが、
さらに関西から遠く見る機会の少ないものが、南部家の品々です。

過去の展示歴は照会できていませんが、
もしかしたら、関西に来るのは初めての品もあるのではないでしょうか?

画像でご紹介しましょう。

98(画像粗)

これは南部家筆頭の重宝、雉子尾雌雄御太刀拵(県指定文化財)(もりおか歴史文化館蔵)。

79銀本小札紫糸威二枚胴具足

これは藩主南部利幹所用の具足。やはり県の指定品で、岩手県立博物館が所蔵しています。
気品あふれる銀の溜塗りと紫根染でコーディネートされていて、
金具の一部は同地のシンボル、岩手山を象っているといわれます。

30鯰尾兜 (2)

これは蒲生氏郷の兜として有名です。県指定で、岩手県立博物館所蔵。
南部家に伝来しました。

前々回話題に出しました黒田官兵衛の合子形兜もまた、南部家に伝来したものでした。

貴重な品々をよく現在まで伝えて下さったと、感謝の念を感じます。




関西から東北は結構行きにくい場所です。
ですが、心温かい人たちと美しい自然、そしてこのような豊富な文化財があります。
そういう東北の風景、東北以外もそうですが、
そういった、作品を伝え継いでこられた各地域、地元の風景も、
余力のある限り、ご紹介したいです。

当たり前といえばそれまでですが、
兜の借用先となるような町にはたいてい城があります。
そういった町では今も城を地域住民の心のよりどころとされています。

心のよりどころという意味では、シンボリックな自然景もそうですね。
以前、特別展で月山刀工の展示をした翌年に登った霊峯・月山はとても美しい山でした。
でも、今回訪問した盛岡の町から見た岩手山も、大変姿の美しい山でした。

岩手山


これは、岩手県立博物館のバルコニーから撮影した、岩手山です。
写真の腕前が悪いので手前が目立っておりますが、良い姿をしていると思います。

具足の意匠に取り入れられるのも無理からぬことでしょう。
近い将来ぜひ、仕事とは別に再訪したいです。

そんなことを考えつつ、
さまざまな東北の魅力が今回の展示を通じて少しでも伝わればいいなあと思っています。



初公開作品♪

今回の展覧会は話題が多くてチラシやホームページには書ききれませんので、
ここで少しずつご紹介していきたいと思います♪

今回は、初公開・末永雅雄コレクション刀装具について。

末永雅雄先生と言えば、関西考古学では知らない人はいないという大人物です。
特に古代の武器武具研究に精通されていた先生は、
プライベートでも刀剣・刀装具を収集しておられました。

今回その刀装具コレクション約100点のうち、選りすぐりの36点を初めて一般に公開いたします。
たとえばこんな鐔とか
末8 omote面

末34 縄目唐草象嵌透鐔

そのコレクションは、室町~桃山期の鉄鐔を中心としたものでありながら、
さまざまな技法や流派のものをバラエティ豊かに集めようとしていた様子がうかがえるもので
研究者らしい視点を感じさせるものですし、
未完のコレクションではありますが、美術品愛好家の収集パターンとは違う、
考古学者ならではの系統立てた収集方針よるものです。


ご関係者の方々の多大なご協力のおかげにより、
今回の展覧会では、先生の遺徳を偲び、テーマ立てとは別枠で、
特別にご紹介したいと思っております。

「兜」の大きさや迫力に負けず劣らず、「刀装具」もいろいろな話題をご用意しています!
次回もお楽しみに。



| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。