プロフィール

変わり兜×刀装具

Author:変わり兜×刀装具
平成25年11月2日(土)~12月8日(日)まで、
大阪歴史博物館で開催される特別展のご案内ブログです♪
事前に読んでおくとより一層展示が楽しめる情報をご提供します!

会期が短いので、ぜひお早めにお越し下さいね。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報/山本兼一さん

三島展の撤収の途中で、訃報が入ってきました。

直木賞作家・山本兼一さん。


戦国時代を得意領域とし、職人を生き生きと描く作家さんです。

たまたま私が、
先生がブレイクされる前からの知り合いであったことから、
直木賞受賞後にかなり厚かましくお願いをし、
大阪歴史博物館でご講演とサイン会を開催させていただきました。


今思っても、直木賞作家の方に対して
失礼としか言えないような謝金しか準備できなかったうえ、
人数制限もせずサイン会に突入したので、
山のようなサインをさせてしまうことになったにも関わらず、
嫌な顔1つせず参加者のお一人お一人に
温かい笑顔でサインをお書きいただきました。
大先生になってもちっとも偉ぶらないお人柄でした。

こんなこともありました。
京都へ狩野永徳展を見に行ったときのこと。
会場で山本さんをお見かけしました。
あまりに熱心にごらんになっているので、
その日は声をかけず、後でお会いしたときにそのことをお伝えすると、
「時の権力者に仕えた絵師ですから。見ないわけにはいきません」と。
永徳作品を前に、いろんな構想を思い描いておられたのでしょう。
立場は違いますが、作品から歴史をひもとこうとする真摯な姿勢には
とても共感させられましたし、
彼が解釈する永徳論も読んでみたいと強く思いました。

あるときには、息子さんが武具に興味を持っているようで・・・とお話になり
「いやあ、私に似たのかなあ。」
と、本当にうれしそうに目を細めてお話になっていたこともありました。

数年前、次は変わり兜の展覧会を企画しています、
と言うと、
「是非行きます!楽しみです!」

なので、大阪展にもきっとお見えになると思っていたのですが、
特に音沙汰もないので、
黙ってご来館いただいたのかな、などと思っていたのですが・・・


そんな山本さんは、
幕末の刀工「清麿」の小説をお書きになったご縁で、
佐野美術館主催で現在巡回中の「清麿」展の実行委員長も引き受けておられました。
常に、職人の仕事に理解と敬意をお持ちであったゆえのことでしょう。


そんな
大阪歴博とも、佐野美術館ともご縁のあった山本さんの訃報に接し、
居合わせました両館の学芸員で、おくやみの献杯をいたしました。

まだまだ書きたいことがあったでしょうに。残念です。





スポンサーサイト

三島展終了&図録購入希望の方へ!!

2月11日をもって、
特別展「戦国アバンギャルドとその昇華 変わり兜×刀装具」
のすべての会期が終了しました。

最後のご来場者は、閉館時刻の数分前に駆け込んでこられたお客様でした。
あなたさまのご来場・ご退場をもちまして、本展の全日程が締めくくられることとなりました。
また、大阪・三島両会場においでいただいたお客様もいらっしゃったようです。
このような数々の熱意あるお客様に支えられ、
無事終了を迎えることができましたことに感謝すると共に、
本展にお運びいただきましたみなさまのご来場に御礼申し上げます。


そんな会期最終日には、三島会場販売用の図録が完売いたしました。
ですが!!

大阪歴史博物館には若干ながら販売用図録が残っております ので、

もし買いそびれた方がいらっしゃいましたら、
大阪歴博内ミュージアムショップ「文楽」あて、お早めにおたずねください。
(遠方への発送も行っています)


さてこのブログは3月ごろに最終回とし、締めくくろうと思っています。
最終回を飾る画像はもう今から決めています。どうぞお楽しみに!!


あわせてその記事にて

平成26年度に私が担当します特別展の概要とその関連ブログのご案内をする予定です!!

なので、今しばらくチェックを続けていただければと思いますm(_ _)m。

引き続きよろしくお願いいたしますm(_ _)m。



三島展2月11日までです!!

変わり兜展、三島会場での展示もあと数日となりました。
最終日の11日までは休館日もありませんので、
まだのかたはお急ぎくださいね。
繰り返しますが、これ以後の巡回はありません。




さて、大阪歴博では今、特別展「マンガのちから」展を開催中です。
オールド世代には懐かしい、手塚治虫と石ノ森章太郎に関するさまざまな作品資料に加え、
トキワ荘の再現といううれしいコーナーもあります。

一方の常設展示内の特集展示コーナーでは、愛らしい御所人形を展示しています。
この展示は、メインテーマの御所人形もいいのですが、
関連展示も充実していまして、
知る人ぞ知る当館自慢の「カラクリ人形」のコレクションも数点展示されています。
なかでも、
当館で変わり兜展をごらんいただいた方にオススメしたいのは、
これも当館自慢「生人形(いきにんぎょう)」です。

変わり兜展でも似たような方がいらっしゃいましたが(笑)、
リアルの再現が高じて高じて行き着いた境地を感じさせられます。
この1点を見るためだけでも、ぜひ!


ikenobo.jpg

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。