プロフィール

変わり兜×刀装具

Author:変わり兜×刀装具
平成25年11月2日(土)~12月8日(日)まで、
大阪歴史博物館で開催される特別展のご案内ブログです♪
事前に読んでおくとより一層展示が楽しめる情報をご提供します!

会期が短いので、ぜひお早めにお越し下さいね。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪の名コレクター・上田綱治郎さん

今回の展覧会では、故・上田綱治郎さんの旧蔵品がざっと6~7点は出品されます。
(旧蔵情報なので正確に把握し切れていませんが)

このお名前を聞いてぴんと来られる方は、
甲冑武具に一定以上造詣のあるかただと思いますが、知らない方のために申し上げますと、
昭和に名を馳せた、大阪が誇る武器武具の一大コレクターの方です。

大阪市の博物館施設では、この秋、コレクターについてリーフレットを出す予定で、
私としてはそこでぜひ上田さんについて紹介したかったのですが、
趣旨的に叶わなかったのでここでご紹介したいと思います。

上田さんは大阪市内・松屋町の角(長堀通と松屋町筋の交差点)にあった「大松」という
大きな菓子問屋の店主で、武器武具を多数収集されていました。
当館の前身に当たる、市立博物館も大変お世話になったと聞いています。
なかでも兜のコレクションは秀逸で、その主要な作品は「日本の名兜」という本に多数掲載されています。

ところが昭和54年(1979年)に上田さんが亡くなると、
それらのコレクションは四散し、各地にばらけて収蔵されました。

公的機関としては、
数点が国立歴史民俗博物館に納められており、時折兜展やかざり展などに出品されていますし、
仙台市博物館にあります三宝荒神の兜はとても有名です。

今回の展覧会では、なるべく過去に出ていないもの、
出ている回数の少なそうなものを優先的にしましたので、
見たことのあるもの、ないもの、いろいろな上田綱治郎旧蔵品をごらんいただけます。

たとえば、こんな兜とか。

shou.jpg

こんな兜とか。

146.jpg


大阪にいながら、かつて大阪にこれだけのコレクションがあったということを、
今現在知っている人は少ないのではないでしょうか。

スポンサーサイト

<< 7年越しの宿題 | ホーム | おトクな前売りのご案内♪ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。