プロフィール

変わり兜×刀装具

Author:変わり兜×刀装具
平成25年11月2日(土)~12月8日(日)まで、
大阪歴史博物館で開催される特別展のご案内ブログです♪
事前に読んでおくとより一層展示が楽しめる情報をご提供します!

会期が短いので、ぜひお早めにお越し下さいね。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラマンと成田亨氏と黒田長政

前も書いたように
今回の展覧会のきっかけには、いくつかの要素がありますが、
黒田長政の変わり兜がウルトラマンに影響を与えた、
ということを何かで読んだか聞いたことがずっと気になっていた、というのもそのひとつにあります。

それが何だったか思い出せず、
気になってれ調べていくうちに、一冊の図録と出会いました。
それがこれ↓↓

P1110625.jpg


この中に答えがありました。

ウルトラマンのデザインを手がけた成田亨さん。
怪獣「ゴモラ」は、今回出品される黒田長政の大水牛脇立兜を
イメージソースにしていたのです・・・!!


成田さんは神戸生まれですが、青森もゆかりの地と言うことで
原画の多くは今、青森県立美術館に納められています。
今回の展示ではその絵を写真パネルで紹介させていただく予定です。
(著作権があるので、ここでは画像は出せません。是非展覧会場でごらん下さい!)

個人的には、
私が学生の頃大好きだった成田美名子さんという漫画家さんのご親戚ということもあり、
なんだかとても親近感を感じていたりします。


はっきり特定の兜との関係性が記されているのはゴモラだけですが、
この図録を見ていると、他の怪獣やウルトラマンたちも、
なんらかの変わり兜のイメージを負っているように思えます。


現代の戦闘モノへの古典作品の投影、ということでは、エヴァ展ともつながっていますよね。

エヴァ展とこの展覧会とは全く別方向からのアプローチではありますが、
普段親しくしていただいている刀匠会のみなさんと、私とが、
ほぼ同時期に同じような思いを持ってそれぞれに企画を立てていたのは
似たもの同士ということなのでしょう(笑)。
スポンサーサイト

<< らせんの美意識 | ホーム | 玉稿がやってきました >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。