プロフィール

変わり兜×刀装具

Author:変わり兜×刀装具
平成25年11月2日(土)~12月8日(日)まで、
大阪歴史博物館で開催される特別展のご案内ブログです♪
事前に読んでおくとより一層展示が楽しめる情報をご提供します!

会期が短いので、ぜひお早めにお越し下さいね。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明珍家資料

今回の展示では、姫路の酒井家に仕えた甲冑師であり鐔工でもあった
明珍家の制作資料も展示します。
これらは、姫路の博物館や明珍家の個展で展示されたことはありますが、
図録に掲載されるのは今回が初めてだとか。
07_003.jpg

これはそのほんの一部です。


鐔下絵、彫金下絵(手本帳含め)というものは
意外と世に残されていますが、
その伝来が確認できるものは案外少なく、
実際に用いた針穴が確認出来るような型紙となると、ほとんどありません。

その点、今回の明珍家資料には、
実際に用いた型紙が多数含まれていて、
江戸時代後期の鐔作りの様子が生きた記録として伝わってきますし、
デザインブックとしての図案帳も残されています。
小さな円の中に無限の世界を展開していて、
まさに日本の造形力を感じさせられるものです。


甲冑の資料では、「忠知公御筆」とある雲龍の下絵が気になっています。
忠知公とは、酒井忠恭公のことですが、
殿様が本当に描いたのか? と普通なら思うところ。
でも、この殿様の孫が誰だか分かれば、その疑問は消えるのではないでしょうか。

そう、琳派の画家・酒井抱一なのですね。
私も一昨年、姫路の美術館に抱一の回顧展を見に行きましたが、
酒井家の殿様は自分で刀を鍛えたりもしてるんですよね。
資料を見ると、焼刃土も自分で置いたりしていたようです。本格的!
そんな文化的な酒井家のお殿様なら、雲龍の下絵も描けたに違いないでしょう。


さて!
明珍家は今も姫路で鍛鉄をなりわいとされています。
そんな当代が創案された鉄の楽器「明潤琴」

明潤琴01


今回、展示ではごらんいただくことしかできないのですが、
一夜限定で、その音色を聞く機会を設定いたします!
展示会場内で、一回限りのコンサートです。
ご興味のある方はぜひお越しください。



今書きながら気づきましたが、
「ねいろ」って、音に色と書くのですね。
音の色・・・・
一体鉄がどんな音としてその色を伝えてくれるのか、私も楽しみです。



スポンサーサイト

<< 印刷物準備中 | ホーム | 竹中直人さんの秀吉再登板 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。