プロフィール

変わり兜×刀装具

Author:変わり兜×刀装具
平成25年11月2日(土)~12月8日(日)まで、
大阪歴史博物館で開催される特別展のご案内ブログです♪
事前に読んでおくとより一層展示が楽しめる情報をご提供します!

会期が短いので、ぜひお早めにお越し下さいね。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉稿がやってきました

今回の展覧会、いくつかモットーを持っているのですが、そのひとつが、

敷居は低く、奥行きは深く


ということです!


というのも、当館でこの春開催しました「幽霊妖怪画」の展示では、
展示を企画された福岡の学芸員の方のユニークな解説文が大変話題を呼びました。
大多数のご意見は、わかりやすくて楽しい、という好意的な反応でしたが、
中には主観的すぎるというご批判もありました。

こういうものは多数決ではないので、ひとつひとつのご意見を踏まえ、
よい点はぜひぜひ真似させていただきたいというスタンスで考えています。
答えが出ているわけでもありませんし、思うようにもなりませんが、
少しでも共感してもらいやすい内容で、かつ、奥行きの深いものを、
と思うわけですが、能力不足ゆえ書いては削り、書いては削りの日々が続きます。



そんな今回の図録には、私の駄文の他、
講演会にもお越しいただく須藤茂樹先生(四国大学)と、
日本刀文化に広く造詣のある渡邉妙子先生(佐野美術館)のお二方にご寄稿いただきました。

須藤先生には、戦国大名と変わり兜について、
渡辺先生には、鉄鐔の魅力について、
それぞれお書きいただきたいとお願いしておりましたところ、

それぞれに大変個性的なご寄稿をいただきました!
私の駄文も加え、3者3様といいましょうか。
テイストは全く異なりますが、バラエティがあるのはこの展覧会らしくていいのではと思います。


しかもそれがまさに、
お二人には何もお伝えしていなかったにも関わらず、
「敷居は低く、奥行きは深く」
をそれぞれに実践していただいておりました。プロの仕事ですね。
一読させていただいて、それぞれに唸らされました。


先に読めるのは編集担当の役得ですね♪


皆様のお目に触れる日まで、ぜひぜひ楽しみにお待ちくださいね!!
スポンサーサイト

<< ウルトラマンと成田亨氏と黒田長政 | ホーム | 印刷物準備中 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。