プロフィール

変わり兜×刀装具

Author:変わり兜×刀装具
平成25年11月2日(土)~12月8日(日)まで、
大阪歴史博物館で開催される特別展のご案内ブログです♪
事前に読んでおくとより一層展示が楽しめる情報をご提供します!

会期が短いので、ぜひお早めにお越し下さいね。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活きている伝統

突然ですが、
神宮では式年遷宮のクライマックスを迎えました。

4年前、当館では伊勢神宮展を開催しました。
もちろん、今回の式年遷宮を記念してのものです。
偶然ですが、今回の展示と同じ、産経新聞社さんとの共催でした。

神宮では、遷宮のたびに、神様のための新しい御料が新調され、
古い御料は撤下されます。

4年前の展示では、
そういった、過去の遷宮で調進されのち撤下された御神宝を展示しました。
もちろん、これらの御神宝がどういうものかということは、
当時、頭では分かっていたつもりでした。

でも、実際に今回の遷宮の様子を映像で拝見し、
展示場とは違う輝きを放つ御神宝の姿に、
驚いたのと同時に、
まだまだ理解が足りなかったという気持ちでいっぱいです。
改めて、伝統とは、活きた状態で使われることでより意義を増すことと実感しました。


伝統を活かす。

本展では、兜と刀装具という伝統的工芸品にいろんな引き出しをご用意したつもりです。
それぞれの関心で、好きな引き出しを引いて、現在の活動に活かしてもらえればと思います。


さて、
とある公募展の審査をさせていただいたときのこと。
審査員同士はいろいろと情報交換をすることもあるのですが、
この展覧会の話になり、


「伝統的なものはつまらないと思っている人が多いけど、
 つまらなくないって伝えたいんです!」


と、
興奮のあまりデカイ声で言ってしまったらしく、
周りの注目を浴びたことがありました・・・(汗)


でも、文字通り声を大にして言いたい。
伝統は面白いんです。先人の知恵の集まりですから。
守りに入らなければ、これほど面白いものはありません。


今回の展覧会を通じて、伝統のすばらしさをお伝えしたい。


博物館はその仲介者となりたいと思います。

スポンサーサイト

<< 追加イベント予告 | ホーム | 当館初心者の方へ ~耳より話と要注意の話 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。