プロフィール

変わり兜×刀装具

Author:変わり兜×刀装具
平成25年11月2日(土)~12月8日(日)まで、
大阪歴史博物館で開催される特別展のご案内ブログです♪
事前に読んでおくとより一層展示が楽しめる情報をご提供します!

会期が短いので、ぜひお早めにお越し下さいね。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わり兜のナゾに迫る

変わり兜について、
多くの人が疑問を持つのが


どうしてこんな造形を作ったのか?

ということでしょう。
こんなかたちを、一体誰がなんのために?

というのは素朴な疑問です。

でも実は、コレに対する明確な答えは無かったように思います。

よく言われているのが


戦場で目立つため。


ということ。
目立つ、という表現はともかく、
戦国時代の兜に限定すれば、
武将として自己を表現するために作られたということは
その通りだろうと思います。

でも、

江戸時代のちょっとユニークな兜の存在は、
戦場うんぬんでは説明がつきません。


そして、疑問が残るのは、江戸の兜の制作動機。
かくいう私も知りたいと思っておりました。
正直言って、本展を構想し始めた2年前には
明確な見当を持っていたわけではありませんでした。
でも、準備を進めるうちに、徐々に輪郭が見えてきたのです…!!



ちなみに、
10年ほど前に神奈川であった展覧会では、祭礼での用途という新視点が呈示されました。
確かに祭礼図には作りものやかぶりものが描かれています。
うちの博物館が所蔵する「蝶々踊り図巻」にも面白いいでたちの人々が描かれていて、
見ていてとても楽しくなります。

(ちょっとトリビア…
当博物館で特別展会場の閉室期間に下ろしているシャッターの図柄は蝶々踊り図です!)




でも、現在、鑑賞の対象となっている変わり兜の多くは
高度な工芸技術を駆使したものであり、
相当の経費を投下された贅沢品です。
そんな高級品を
消耗が想定される、風流踊りに使うとは考えにくく、
一部について説明が付いたとしても、
説明が付かない作品は相当数残されます。


そんなナゾに、この展覧会はひとつの視点をご用意しました!!


気になるあなたは、展覧会場へどうぞ~!

会期は11月2日から、約1ヶ月ですので、ご注意を!!

あと、しつこいですが、火曜日は休館しています!

スポンサーサイト

<< オープンしました♪ | ホーム | まだまだ気づくこと >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。