プロフィール

変わり兜×刀装具

Author:変わり兜×刀装具
平成25年11月2日(土)~12月8日(日)まで、
大阪歴史博物館で開催される特別展のご案内ブログです♪
事前に読んでおくとより一層展示が楽しめる情報をご提供します!

会期が短いので、ぜひお早めにお越し下さいね。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ気づくこと

作品拝借の旅から帰ってきました。

荒天が予想された今週、
多数の皆様にご心配やご迷惑をおかけしましたが、
おかげさまで、
暴風や豪雨や渋滞や通行止めなどの困難に見舞われることなく
順調に戻ってくることが出来ました。多謝。

行った先々で、この展覧会、話題になってますよ~、
と声をかけていただきました☆
いつにない手応えに、“関西・秋の展覧会レース”で
鼻の差ひとつぬきんでたかも!?と思ったりしています。(幻想?)

実は、展覧会を渡り歩くみなさまの利便性のために、
この展覧会、時期を少しずらしたつもりだったのですが、
今年はこの時期に大きな企画が集中しちゃいましたね。

でも、遠方からまとめて見に来る人には便利かもしれません。

・・・・・・・・・・

この展覧会、最初に構想してから準備過程で、
いろいろ気づくことがあり、構成も徐々に進化していったのですが、
作品を拝借する過程でも、まだまだ気づくことがあります。

仙台市博物館さんからお借りする、政宗の具足。
弦月の前立てのコンディションチェックの際に、
反りがあるので注意してください、と言われました。

古い文化財の場合、
経年劣化で反りやひび、割れといった劣化が生じるケースは多いので、
その手の反りかと思い見てみると、
その加減から、
劣化の反りではなく、造形として意図的に付けられた反りと思いました。

つまり、この前立て、一枚の板を三日月形に切り出しただけ、ではなくて、
両端を前側に僅かに倒して立体的に見せているのです。
他の伊達家作例と比較していないので、断定は出来ませんが、
今回お借りする作品だけを見る分には、そのように思えます。

かっこよさの背景には、見えないところに作り手の工夫が隠れているものだ、
と改めて感心しました。

仙台市博さんでは今、慶長使節400年記念の大きな展覧会をされていました。
間隙を縫って、走り抜けるように見せていただきましたが、
関西から出張している作品もあり、珍しい作品もありで、見応えがありました。

その中で、ポスターにも使われている、
ヨーロッパから出陳されている、支倉常長の肖像画。
この絵で彼が帯びている拵は必見です。
というのも、西欧の肖像画は、事物を克明に描くものなので、
本当にその当時に彼が身につけていた拵を描いていると考えられます。
桃山時代の上級武将が、渡欧という特別な場面で佩用した拵がどのようなものか、
という貴重な情報を伝えてくれます。

そこで彼が佩用している腰刀は、
今回出品される、細川三斎・幽斎所用の金圧し出しの拵(重要文化財)と
非常によく似ていますし、
鞘の霰地は、黒田家の金霰地の拵(今回の出品品ではありません)と類似しています。

今回の展覧会では、
このような圧し出しの流行を物語る、出土事例も展示していますが、
支倉常長の肖像画を見て、
あらためて、金圧し出しが桃山時代の流行であったとの考えを強くしました。


忙しくなってきたので、画像抜きでの記事が続きますが、
作品は会場でぜひ、ごらんください☆
スポンサーサイト

<< 変わり兜のナゾに迫る | ホーム | 追加イベント >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。