プロフィール

変わり兜×刀装具

Author:変わり兜×刀装具
平成25年11月2日(土)~12月8日(日)まで、
大阪歴史博物館で開催される特別展のご案内ブログです♪
事前に読んでおくとより一層展示が楽しめる情報をご提供します!

会期が短いので、ぜひお早めにお越し下さいね。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープンしました♪

展覧会、昨日オープンいたしました! 

会場の様子です。
今回は、可能なかぎり後ろ側が見えるケースを使っています。
後ろ側がどんな形をしているのか興味そそられる蒲生氏郷の兜も、後ろ側が見えています!

P1100501.jpg


今朝はお天気が悪いせいか、昨日よりはゆっくりとした出足のようなので、
ゆっくりご見学頂きたい方には絶好の日取りかと思います。

顔出し看板もお待ちしています

P1100545.jpg

うしろのあのバンはなんだ?
とお思いの方。
昨日今日と、当館エントランス前のエリアで愛媛県のイベントがあり(この展覧会とは関係ないのですが)、
「あの」ゆるキャラが来てくれています。
今顔出し看板を撮影すれば、もれなくこのようなカットが撮影できます~~


・・・・・・・・・・・・

お越しになる方のために展示のお話をもう少し。

うちの館は会場が2室あるのですが、
今回は1室がざっと桃山以前、もう1室がざっと江戸以降、という構成にしています。
この構成には重要な意味があります。

時代の転換期の以前と以後では、変わり兜の持つ意味合い、性質が全く異なっています、
というのがこの展覧会の最大のポイントだからです。


今回は作品選びに手を抜かなかったので、
個々の展示作品の質の高さはイチオシの見どころですが、
それと同時に、可能であれば、この流れを説明している、
コーナー解説・・・・ぜひぜひ読んで欲しいです。
結構重要なことを書いていると思います。


ただ、あまりに作品の充実度が高いので、
作品鑑賞に夢中になったら読みとばすこともあるかもな、、、という気もします。

なので、ぜひ図録をお求めになられたら、
ご帰宅後でもいいので、章解説を通読いただけるとありがたいです。


会期後半の混雑が予想されます。
今日は比較的ゆっくり見られそうな雰囲気ですので、
お早めのご来館をオススメします。

追記:朝10時頃記事をアップしたときには本当に空いていたのですが、
お昼頃から少し混み始めています。
作品の鑑賞には問題ないと思いますが、ご了承下さい。
スポンサーサイト

<< シルエットもかっこいい | ホーム | 変わり兜のナゾに迫る >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。