プロフィール

変わり兜×刀装具

Author:変わり兜×刀装具
平成25年11月2日(土)~12月8日(日)まで、
大阪歴史博物館で開催される特別展のご案内ブログです♪
事前に読んでおくとより一層展示が楽しめる情報をご提供します!

会期が短いので、ぜひお早めにお越し下さいね。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ〆の準備を・・・

おかげさまで、展覧会は日に日に来場者が増える中、
この週末に展覧会を閉じることとなりそうです。
いろいろ書こうと思っていたこのブログも、
思っていたことの半分も書けないままに最終日を迎えそうです。

そもそも、この展覧会の一番の目的は、
いつか書いたように、
見終わった後に明るい希望を持て、元気になるような展覧会をしよう、
と考えたことにあります。

実は、意外かもしれませんが
私が最初考えた本展のタイトルには「日本の造形力」という言葉が入っていました。
今思えば漠然としすぎているので
ボツになるのもやむを得ない面はあるのかもと思うのですが
来場者の多くの方が、すばらしい技術に感嘆した、という感想を残してくださっていること、
そしてなにより

「楽しかった!」

とお帰りいただいていることで、
当初目指したことはまずは達成されたのかなと思っています。


そしてもうひとつ、果たしたかったことがあります。
それは、
戦国武将がオモシロオカシイ兜をかぶって戦場に行っていた、
という一部の誤解をときたいということでした。

私自身は歴女でも歴オタでも、はたまた戦国好きでもないのですが、
そして、衝撃の告白をするならば、
兜好きですらないのですが、
それでも、
命を賭して戦場に出向いた武将が
軽薄でちゃらちゃらしていた面を持っていたかのような誤解を受けることには、
どうしても許し難いものがありました。

そのためには
「究極の造形」としてのこの時代の兜の魅力を伝えることしかないだろう、と。

そして、そのためには
江戸時代の兜の位置づけも不可欠でした。


(今、兜好きではないと書きましたが、
付け加えさせてもらうなら、
美しい兜は大好きだし、造形史的に意味のある兜も重視します。
ただ、あらゆる兜が好きだー!という「兜愛」は持ち合わせていない、ということだけなので
ご了解いただければと思いますm(_ _)m)


構想段階、図録の制作段階で、ある程度イメージはできていたつもりでしたが
展示場でそれぞれの時代の兜と刀剣外装を展示した後、
その空間に立つと、
時代の空気感の違いや、それぞれの時代の造形潮流が
よりいっそう鮮明になったように思います。
遠方の方から「図録だけでも」というご注文を連日承っていますが、
可能であれば、この空間に立ってもらえるとうれしいです。




スポンサーサイト

<< 12月8日を以て終了しました | ホーム | 月曜が狙い目 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。