プロフィール

変わり兜×刀装具

Author:変わり兜×刀装具
平成25年11月2日(土)~12月8日(日)まで、
大阪歴史博物館で開催される特別展のご案内ブログです♪
事前に読んでおくとより一層展示が楽しめる情報をご提供します!

会期が短いので、ぜひお早めにお越し下さいね。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒田家の兜のことなど

このお正月、NHKでは大河ドラマ関連の特集がたくさんありましたね。

その中には、大阪展開催中に撮影された画像もいくつかあって、
お気づきの方もいたのではと思います。
(会期中に放映してくれればありがたかったのですがね・・・)



ずいぶん以前にもお伝えしましたように、
今回の特別展では、

黒田官兵衛のお椀を伏せたような形の兜、と
黒田長政の大水牛の兜、
二代忠之の一ノ谷の兜

というラインナップでご紹介しています☆

この展覧会では、あくまで、
展覧会のテーマである「造形としての」変わり兜を考える上で、
重要な時代の重要な作品ということでのご紹介です。

と、わざわざお断りするのには理由があります。

実は、長政の大水牛兜としては、
前立てのついている兜の方が有名なのですが、
今回は造形としての変わり兜に着目するということで、
より造形として緊張感がある水牛脇立を伴う、
前立てなしの兜の方をお借りしているのです。

また、官兵衛の兜も、朱塗りの兜の方が知られていますが、
より当初性に近いモノをと思い、南部家伝来の兜をお借りしました。


ただ、それとは別の観点、歴史的な見方をするならば、
当然、黒田家にとって重視されてきた作品群という括りもありますよね。
ということで、大河ドラマを記念した特別展では、
前立てアリの水牛兜と、朱塗りの官兵衛兜が展示される様子です。


なので、本展をごらんの上、大河ドラマ展をごらんになれば、
それぞれの兜の比較ができて、またとない機会になると思います!
(私も姫路に行こうと思っています)


三島展もすでに多数の来場者がお越しになっている様子です。
大阪展の例からいえば、土日や会期の終盤は混雑が予想されますので、
是非お早めにご来場くださいね☆



スポンサーサイト

<< 三島展ご紹介 | ホーム | 東西について、雑感など >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。