プロフィール

変わり兜×刀装具

Author:変わり兜×刀装具
平成25年11月2日(土)~12月8日(日)まで、
大阪歴史博物館で開催される特別展のご案内ブログです♪
事前に読んでおくとより一層展示が楽しめる情報をご提供します!

会期が短いので、ぜひお早めにお越し下さいね。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三島展ご紹介

2会場巡回のこの展覧会も、とうとうあと2週間あまりとなりました。
三島展以後の巡回はありませんので、どうぞお見逃しなく!


そんな三島会場の様子が先週、「インターネットミュージアム」で紹介されました。
かなり詳細にご紹介いただいているので、見てしまうと楽しみが減るかも知れませんが、
内容の充実度をご確認いただくツールとして、どうぞご利用下さい。

ざっくりした会場の様子はこんな感じです。


misima.jpg


左手に見えているのは、三島会場のみの出品となっている、
阿波蜂須賀家の具足です。

大阪展もそうでしたが、三島展も、ご家族連れがとても多いそうです。
目的はかっこいい兜だとは思いますが、
展示作品全体を通じて、
「道具」はあっても「機械」は無かった時代の、
昔の人たちの手仕事のすばらしさを知ってもらえればと思います。



新幹線の三島駅からは、富士山が見えます。今の季節、雪化粧がとてもきれいです。
私はいつも駅からは歩いて行くのですが、
その道中は、昔懐かしい対面販売の商店や、最近出来たおしゃれなレストランなど、
新旧がほどよく入り交じっています。
途中には、小松宮彰仁親王が明治23年に別邸として造営された「楽寿園」があり、
少しだけ寄り道すればすぐに三島大社があります。

佐野美術館の館長さんに教えて頂いたのですが、
そこからさらに寄り道をすると、
お茶碗の「三島手」の語源になった「三島暦」ゆかりの展示館もあるそうです。

佐野美術館の敷地内には立派な庭園と、庭園を眺められる食事処もあります。
庭園の岩は富士山に近いからか気泡がいっぱいですし、
富士山の湧水で町全体がせせらぎに満ちています。
食事のおいしいお店も多いように思います。

残り期間はあとわずかとなりましたが、未だの方はぜひご来訪下さい。
スポンサーサイト

<< 三島展2月11日までです!! | ホーム | 黒田家の兜のことなど >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。